>

未就学児に使わせる際のポイント

短時間の利用なら問題ない

未就学児にスマホを使わせると、大きな影響を受けるのでよくないと考えている人が見られます。
ですが、短い時間であればそこまで影響は与えないので安心してください。
1時間以上使わせるのは、控えてください。
30分程度の利用にして、その後はゆっくり目を休ませると影響が身体に残りにくいです。
ずっとスマホを使っていると、目や脳が疲れます。

未就学児はダイレクトに影響を受けてしまうので、目が悪くなったり、脳が発達しなくなります。
時間を決めて使うことを、子供に守らせてください。
スマホを使った後は、1時間以上目を休ませましょう。
しっかり休んだ後であれば、再びスマホを使っても大丈夫です。
家庭でルールを決めることが重要です。

就寝前の利用は避けよう

短い時間でも、寝る前にスマホを利用することは避けてください。
スマホから発せられるライトが原因で、目が覚めてしまいます。
眠れなくなるので、未就学児の寝不足に繋がります。
しっかり寝ないと、大きく成長することはできません。
そのような日々が毎日続くと、病気を発症してしまいます。
健康を守るため、時間を決めることや、寝る前は使わせないことを心がけてください。

また、明るいところで使わせましょう。
スマホの画面は明るいので、暗いところで利用しても問題ないと思っている人が見られます。
しかし周囲が暗いと、スマホのライトが普段よりも強く目に入ってきます。
影響を受けやすいので、周囲を明るくしてください。
すると負担を減らせます。


この記事をシェアする