おすすめのアプリを使わせる

勉強できるアプリを使わせると、学習効果を期待できます。 未就学児の頃にたくさん脳を使うことで、柔らかくなります。 物覚えがよくなるので、学校に入学した後も、知識をすぐに吸収できるでしょう。 簡単な勉強ができるアプリがおすすめです。 空いている時間を、学習に使いましょう。

子供から目を離さないこと

勝手にスマホを使わないように気をつけましょう。 親が見ている時に使わせてください。 勝手に使わせると課金したり、有害なサイトを見るなどのトラブルが起こります。 わずかな時間でも子供は何をするかわからないので、目が届く範囲でスマホを使わせるのが正しい方法です。

時間を決めてスマホを与えよう

簡単なアプリであれば、未就学児でも使うことができます。
スマホを与えている間は大人しくしているので、よく使わせている人もいるのではないでしょうか。
ですがスマホから発せられるライトは、目や脳に悪影響を与えます。
特に未就学児はまだ身体が発達していないので、大きな影響を受けることが多いです。
スマホを使わせる際は、時間を決めてください。
長時間使わせないように意識してください。
こまめに目や脳を、休ませることも大事です。

勉強できるアプリがあるので、それを使わせるといいですね。
ただのゲームではなく、計算や文字の読み方などを覚えることができます。
遊びながら勉強することで、知識をすぐに吸収できると思います。
未就学児の頃から脳を使って勉強することで、今後も脳の柔らかい状態を維持できます。
簡単な勉強だけでも済ませておけば、小学校に入った時に役立ちます。
勉強する習慣を、未就学児の頃からつけさせてください。

勝手に、スマホを使わせないでください。
必ず親がスマホを管理して、許可を出してから使わせましょう。
未就学児がスマホを使っている間も、目を離さないでください。
アプリには、課金するシステムがあります。
子供が適当に操作しているうちに、課金してしまうかもしれません。
親がきちんと見張っていれば、課金しそうになったらすぐ止めることができます。
子供が勝手に、有害なサイトを開くこともあるので、注意しながら見守っていましょう。

未就学児に使わせる際のポイント

未就学児が長時間スマホを使用していると、目や脳が疲れてしまいます。 発達に悪影響を与えるので、時間を決めてください。 短い時間だけなら、使っても構いません。 その後はゆっくり目や脳を休ませてください。 また、寝る前に使わせることはやめましょう。 昼間に使わせてください。